ウェットユースってなに?

・ウェットユースってどんなもの?
タオルについても沢山の意味合いがありますが、ウェットユースと呼ばれる使い方もあります。この特徴は「濡らして」使うことを目的にしているということです。
具体的に言えば、浴用タオル、オシボリなどがあります。
ポイントは、濡らして使うことなので絞りやすく、軽いことが特徴となっています。
また乾きやすいことも特徴となっていて、比較的薄くなっていることが多いです。
これらの種類でいえば、キッチンタオルなども一種のウェットユースに分類されています。

・使い分けることで大きく違うこととは?
ウェットユースについては濡らして使うことを目的とした方法ですが、大きく違うことは素材や大きさや軽さです。ウェットユースにおいて、もしもタオルが分厚くて、重ければ水を絞りにくくなるので使いづらくなってしまいます。
用途によってタオルを使い分けるということは、日常的に「使いやすさ」がポイントとなっています。
場面やシーンによってタオルを使い分けるということは私たちの生活を更に快適にしてくれる効果があります。

・ウェットユースの注意点
水を含んで使うもので、あまり注意点がないと思っている方も多いかもしれませんが、素材が薄くなっているので耐久性に関してはそれほど強くありません。
つまり、力を強く入れて絞ったり、何度も利用することで消耗しやすくなっていくので注意しましょう。
タオルにも耐久性というものがあるのでこの辺りも理解しておくと良いでしょう。

TOP