素材によって使い分けると何が良い?

・そもそもタオルの基準ってある?
タオルの種類、使い方の方法や素材について細かく言えば、国際規格、国際基準というものは一切ありません。
タオルにおいていは、生活習慣やその国の文化によって使い方が大きく異なっています。その為、日本では日本の使い方がされていたり、素材が使われていることが特徴となっています。

・タオルの大きさってどれだけあるの?
タオルの種類についてですが、具体的にかなりの大きさに分類されて作られています。

タオルハンカチ…ポケットに収納できる大きさ程度。

ハンドタオル…フェイスタオルよりも少し大きく厚めに作られている。

フェイスタオル…顔などをふくのに丁度良いサイズ。使われているシーンとしては多い。
バスタオル…日常的に入浴後に使うタオルのこと。日本で圧倒的に使われている。

ワイドバスタオル…体を包むことが出来る大きさのタオル、日常シーンで利用するよりもプールやお昼寝時に使われるシーンが多い。

タオルケット…主に夏場の寝具として使われている。軽く、吸水性も良く、夏場に最適なもの。

タオルシーツ…肌さわりが高く、季節に関係なく常に使うことが出来るシーツ。

タオルと呼ばれる種類には他にも沢山ありますが、具体的にはこういったようなものがあり、使う場面によって使い分けられていることが特徴です。

・良いタオルとはどんなもの?
タオルをかるくこすったり、触った際に「さらさら」した感じがある場合は注意してください。これは、仕上げ剤が塗られていることによる影響です。
良いタオルというのはズバリ「吸水性」です。毎日使うことでその効果が目に見えて出てくるので、多少値段が高いタオルというのは「吸水性」に優れていて、長期間利用できるということが特徴となっています。

TOP