素材の違いで変わるものとは?

・タオルの生地の違いとは?
タオルにも沢山の種類があり、使うシーンによって使い分けることで更に快適に利用することが出来ます。

パイル生地…パイル生地とはタオルの基本的な生地のことです。「ふわふわ」した質感があり、水分を吸収しやすく、日常的に使いやすい物です。

シャーリング地…パイル部分の毛を刈ったような状態をシャーリングといいます。肌触りはビロードのような感覚でつや感があるのがポイントとなっています。

ワッフル生地…タオルの織り方がお菓子のワッフルのような形状になっていることが特徴です。でこぼこしていて、立体感があるので、しっかりとした生地でありながら柔らかさがあるのが特徴です。吸水性も高いことがポイントです。

無撚糸…普通の綿に比べるとふんわりしていることが特徴です。タオルそのものの柔らかさを感じやすいことが特徴です。
水分の吸収性にも優れています。

・タオルの素材とはどんなものがある?
タオルの素材に使われているものについては「綿(コットン)」「リネン(麻)」「ガーゼ」「ワッフル」「無撚糸」「ポリエステルなどの化学繊維」などがあります。
どれにも特徴があるものの、基本はこれらの素材を使ってバスタオル 通販が作られています。

・タオルは使うシーンによって使い分ける
タオルは確かに万能ではありますが、使うシーンによって素材を選んでおくと更に使いやすさがアップします。
日常的に使うものだからこそ、タオルの素材などを理解しておくと良いでしょう。

TOP